2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

いろいろ

  • アンケートモニターやお得情報でポイント貯めるなら【iMiネット】
  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

« 目が赤い | トップページ | がん検診の話 »

役割

山口県の県議会議員で岡村精二さんという方がおられる。

この方は手作りのヨットで大平洋waveを横断したという元冒険家だ。以前何かの講演会で話を聞く機会があったが、子育てについてわかりやすい話で、とても心に残った。

一番共感したところは、子どもは『 場面があれば、がんばれる! 』

という話。子どもはいろんな才能を秘めている。ただ、その才能を磨くためには引き出すためには大人がその場面を用意してやらないといけないということ。

例えばマラソン大会、写生大会などのコンクールや、塾など習い事、下の子のお世話係や、おばあちゃんの話し相手でもよい。

何かその子に役割を与えることでその場面で子どもを活躍させて、成長させる。up

『 役割が立派さを育てる 』ということにはうーんと頷かされるものがあった。

その話を聞いてから自分も子どもに何かの場面を与える役割というものを意識している。

うまくできているかな。

親として場面をちゃんと用意できているかな。

最近ふっと子育てに気がゆるんだ気がして思い出し備忘録として書いてみた。

tulip

« 目が赤い | トップページ | がん検診の話 »

子どもたちのハナシ」カテゴリの記事

コメント

耳の痛い話だわ~。
長女にはたくさんの場面が与えられてきて、それに向かって頑張っているけれど、次女は与えても与えても見向きもしないsweat01
次女にあった育ち方があるとはわかっているんだけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 目が赤い | トップページ | がん検診の話 »